<治療に対する姿勢>

<治療に対する姿勢>

私は柔道整復師の免許を保持していますが、整骨院ではなく自費の治療院に致しました。

理由は保険の範囲でしか患者さんを診ることが出来ない。即ち保険診療の中では治療時間に限りがあり効果も患者様に対する説明も(なぜ痛いのか?なぜ痛みから解放されないのか?)低下するためより患者様が安心して質の高い治療をさせて頂きたい為自費の治療を開業させて頂きました。

私は痛いのを耐えながらお仕事をしていらっしゃる方々、そのうえで色んな医療機関に行っても状況が変わらない方々を大阪で沢山診てきました。

また敦賀でもその様な方々が沢山おられる現状を聞き自分がオステオパシー治療によって貢献できるのではないかと思い敦賀で開業させて頂きました。

良くなって治ってより良い人生を歩んで頂きたい言う熱い情熱で治療に当たっています。この気持ちは誰にも負けません!!


何処に行っても変わらなかった痛み、諦めかけている症状、病院に行っても納得出来ない治療と変化のない痛み,手術しか方法はないと診断されたが踏み込めない、原因が分からないと言われる等、一緒に当院のオステオパシー治療で改善して行きませんか?